榛名山登山(後編)(榛名湖一周)

榛名山登山(後編)(榛名湖一周)

Amazonで検索!↓

榛名山を登ってきました!
正確には、榛名湖を取り囲む榛名富士、烏帽子ヶ岳、
鬢櫛山、掃部ヶ岳などなどの山がまとめて榛名山と呼ばれているそうですが、
その全てを娘と二人で登ってきました。

湖を挟んで対岸から見る榛名富士はとても綺麗な形をしていて、
崇拝の対象になるのももっともなことと思わされます。

この日は天気も良く、最高でした!

動画が長くなってしまったので、前編と後編に分けました。
楽しんでいただけると嬉しいです。

【榛名山】
 榛名山(はるなさん)は、関東地方の北部の群馬県にある上毛三山の一つであり、古来山岳信仰を受けてきた山である。山の南西麓に榛名神社が祀られている。
 山頂にはカルデラ湖である榛名湖と中央火口丘の榛名富士溶岩ドーム(標高1,390.3 m)がある。495年頃(早川2009)と約30年後に大きな噴火をしたと見られている。中央のカルデラと榛名富士を最高峰の掃部ヶ岳(かもんがたけ 標高1,449 m)、天目山(1,303 m)、尖った峰の相馬山(1,411 m)、二ッ岳(1,344 m)、典型的な溶岩円頂丘の烏帽子岳(1,363 m)、鬢櫛山(1,350 m)などが囲み、更に外側にも水沢山(浅間山 1,194 m)、鷹ノ巣山(956 m)、三ッ峰山(1,315 m)、杏が岳(1,292 m)、古賀良山(982 m)、五万石(1,060 m)など数多くの側火山があり、非常に多くの峰をもつ複雑な山容を見せている。
(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

キャンプ・登山カテゴリの最新記事